髪の乾燥と食事

髪の乾燥と食事

 

髪が乾燥する原因はいくつかありますが、そのうちの1つに食事があります。

 

髪の毛も身体と同く、普段の食生活が身体を生成しています。ダイエットによる食事制限は健康な髪作りには良くありません。

 

髪の主成分はたんぱく質です。ですから、たんぱく質不足で髪が乾燥してしまいます。また、髪に栄養を届けるための頭の血行にはビタミン類、特にビタミンEが大切です。

 

ビタミンを充分に摂ると、体内の血行が向上し、健康な髪の毛を作っていき、髪の乾燥を改善することができます。

 

一方で、揚げ物など脂質の多い食事を摂りすぎると、脂質が頭皮にたまり、髪の質が悪化するとされています。 髪の調子が悪いと感じたら、食事内容を見直してみると良いかもしれません。

 

乾燥した髪を改善する食事とは?

 

まずは栄養バランスに優れた卵です。卵には、たんぱく質の他にも、ビタミン類やカルシウム、鉄、亜鉛など、さまざまな栄養が含まれています。

 

次にオススメは、レバーです。 髪の毛は、たんぱく質のアミノ酸からできています。 レバーにはアミノ酸の一種であるシスチンが豊富に含まれており、髪の健康を保つのに効果があると言われています。また、牛や豚のレバーには亜鉛やたんぱく質の吸収を助けるビタミンB6も豊富です。

 

それから牡蠣も髪に良い食材です。 牡蠣には、ミネラルや亜鉛が豊富で亜鉛は、ビタミンCと一緒に食べると効果が高まりますから、牡蠣フライなどにレモンを絞って食べるのはオススメです。

 

マグロの赤身に含まれる脂肪分には、頭皮の血流を高める効果があります。

 

他にも、黒ごまのビタミン・ゴマリグナン、牛乳 大豆製品のヘルシーな植物性のタンパク質、など意識して摂るようにしたいです。

トップへ戻る